前へ
次へ

フレンチとイタリアンの違いについて

フレンチの店かイタリアンの店の店で働く時には、それぞれのマナーを知っておくととても便利です。
たとえば料理が終わってから席を立った時に、フレンチの場合は、ナイフとフォークを右側に斜めに置きますが、イタリアンではナイフとフォークは皿の下側に縦に並べて置きます。
お客様が席を立った時に勘違いをしてしまうと、後でお客様に失礼になってしまいます。
片付ける前には確認してから行うと良いでしょう。
そして、フレンチの場合はパンを食べる時には、バターを塗ってから食べますが、イタリアンの場合はオリーブオイルに浸してから食べます。
マナーや食べ方にもそれぞれ違いがあります。
ホールスタッフやキッチンスタッフとして働く時には、それぞれのマナーや食べ方の違いについて調べておくことが大切です。
また、フレンチやイタリアンでは食材や調味料の違いがあります。
知っておくと、お客様に質問された時などにもすぐに答えられます。
それらの違いについても調べておくと良いでしょう。

Page Top